忙しくて時間が無い。でも本は読みたい。

そんなあなたには、オーディオブックはいかがでしょうか。

オーディオブックの紹介ページはこちらです。


オーディオブックとは、「耳で聴く本」のことです。
「本を耳で聴く?」と思ったとしてら、興味を持ってもらったということですね。


昔から「朗読」という、本を読んで聞かせる伝え方・読み方がありました。
基本的には、それを同じです。

違っているのは、その朗読をプロの読み手が行っていること、
小説などは、一人が読むのではなく、登場人物ごとに読み手が変わり、ラジオドラマのように物語に入り込めるということです。

本に書いてる内容を深く理解するには、何度も読みなおすのがいいと思います。
その点、耳で聴くだけでは不十分かもしれません。

でも、何度も聴くことや、本当に読みたい本だけは、あらためて購入するといったやり方で、おぎなえると感じています。


私が聴いたオーディオブック、聴きたいと狙っているオーディオブックを紹介しているサブサイトがあります。
そこで、月里和磨はどんな本に興味があり、どんな本を聴いているのかを見てください。

月里和磨の「本を聴く世界」に足を運んでみてください。