ミステリーの思い出

本との出会いは少年少女向けの児童書ですが、好きになったと言ってもいいのは、ミステリーに出会ったからです。

最初に読んだのは、ポプラ社から出ていたシャーロックホームズもの
その後も読み散らかしたので、タイトルはもう定かではない。

次にはまったのは、同じくポプラ社から出ていた江戸川乱歩の作品。
こちらは「怪人二十面相」だったことを思えている。

ときどきミステリー以外の本も読んだけど、基本はミステリー。

少年少女向けを卒業したのは、ちょうど映画化されていた時に読んだ「悪魔が来りて笛を吹く」。
小学校高学年だった。

しばらく、横溝正史の作品にハマった後、アガサ・クリスティー、エラリー・クイーン、ジョン・ディクスン・カーといった西洋の古典と言われるミステリーへ。
特に、S・S・ヴァン・ダインの衒学趣味とも言われる会話には、妙にハマったものだ。

その頃に、「ヴァン・ダインの二十則」にも出会い、ミステリーの中でも「本格」と言われるパズルのような展開に心を奪われていた。

当時、日本で発売されていたミステリーの新作は、松本清張に代表される「社会派ミステリー」と言われる分野。
「本格」を読みたかった身としては、どんなに傑作であっても、なんだか物足りない。
同じように「本格」ミステリーにハマっていた友達と、情報を交換しながら、高木彬光、鮎川哲也、泡坂妻夫の作品を追いかけた。

やがて、ある意味「本格」の対極にありそうなハードボイルドにハマる。
ダシール・ハメット(「マルタの鷹」だけだが)、レイモンド・チャンドラー大沢在昌(ほぼ、新宿鮫シリーズだけ)、原尞の作品を、「カッコいい」と感じていた時期です。
(今でも、カッコいいとは思ってますよ)

その後、島田荘司の「占星術殺人事件」に出会った後、新本格ムーブメントがやってきた。
仕事を始めてから、時間が取れないといいながらも、綾辻行人、有栖川有栖、法月綸太郎、我孫子武丸、芦辺拓、二階堂黎人といった作家の作品を読み続けてきた。

今では、さらに、本を読み機会も少なくなり、小説よりもビジネス書を読むことが多くなったが、これからも読み続けていきたいものです。

管理者について

月里 和磨 投稿日:

日本の西の果て、長崎で生まれ育ち、今なお、長崎にいます。
引きこもりがちな50代なので、本はそれなりに読んでいます。
数年前から、できるだけ知人を増やして、外に出るように心がけ、本好きなリア充(50代でこの表現を使う時点で、少々問題ありですが)を目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください